エキシマランプの発光管の製造方法

Abstract

本発明の課題は、横断面形状が偏平な略四角形状であって、一対の平坦壁部と、該平坦壁部を繋ぐ側壁部とからなる発光管を有し、前記平坦壁部の外表面には一対の電極が配置されてなるエキシマランプにおいて、放電柱に曝される平坦壁部にクラックが発生して破損に至ることのないエキシマランプの構造を提供することであり、更には、前記発光管の簡略化された製造方法を提供することである。 本発明は、前記発光管の平坦壁部の肉厚が側壁部の肉厚よりも厚いことを特徴とする。また、本発明は、円筒状ガラス管に対して第1の方向からバーナーにより加熱して第1の平坦壁部を成形する工程と、前記第1の方向と対向する第2の方向からバーナーにより加熱して第2の平坦壁部を成形する工程と、からなることを特徴とする。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (4)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2002237258-AAugust 23, 2002Lecip Corp, レシップ株式会社Method for manufacturing flat discharge tube
      JP-2004079270-AMarch 11, 2004Stanley Electric Co Ltd, スタンレー電気株式会社外部電極型蛍光ランプ
      JP-2009093986-AApril 30, 2009Ushio Inc, ウシオ電機株式会社エキシマランプ
      JP-2011009238-AJanuary 13, 2011Gs Yuasa Corp, 株式会社GsユアサSilent discharge lamp, and irradiation device

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle